大阪ガスが姫路に発電所 事業計画をざっくりまとめてみた

スポンサーリンク

姫路市内で、新たに発電所を建設する計画がすすんでいます。

どんな発電所ができるのかなと思ったので、ざっくりとまとめてみました。

発電所とは?

広島県の発電所:資源エネルギー庁HPより

発電所とは、その名の通り電気を発生させる大規模な施設です。発電機を設置して、水力、火力、原子力などを利用して発電機を回し、電力を起こします。

姫路市内には、すでに関西電力の第一発電所と第二発電所があり、それぞれ、150万kW411万kWの発電規模があります。(関西電力HPより)

大阪ガスの発電所が姫路にできる

ガスタービンのローター

新たに設置される発電所は、天然ガス(LNG)の火力を利用して発電します。

約62万kWの発電機が3機設置されて、合計約186万kWの電気を発電することになります。

関西電力の姫路第二発電所と同様に、世界最高水準の高効率で発電する「ガスタービンコンバインドサイクル方式」の発電機が採用されます。

>最新の火力発電についてよくわかる『図解 次世代火力発電』をAmazonで見る

姫路のどこにできるの?

事業計画書によると、新しい発電所ができるのは「飾磨区妻鹿日田町1-1」となっています。

出光興産の事業所があったところですね。

現在のパナソニック工場の入口付近に隣り合わせたところに建設される計画です。

姫路天然ガス発電株式会社

新しい発電所は、大阪ガスと出光興産が共同出資する「姫路天然ガス発電株式会社」によって進められています。

【会社概要】 ※公式HPより

会社名姫路天然ガス発電株式会社
本店所在地大阪府大阪市
設立日2016年4月1日
設立時資本4億円(資本金2億円、資本準備金2億円)
出資比率大阪ガス66.66%、出光興産33.34%

事業計画ではいつできるの?

イメージ

新しい発電所の建設工事は、2020年度末の着工を予定しています。

1号機と2号機が先行して、それぞれ2026年1月と5月に運転開始を予定しています。その後、3号機は2029年10月に運転開始を予定しています。

ほかにバイオマス発電所も

大阪ガスでは、姫路市内にバイオマス発電所を建設する計画もあります。

兵庫県姫路市におけるバイオマス発電所の事業化決定について(大阪ガス)2019年3月7日

子会社が出資する「広畑バイオマス発電株式会社」を通じて、広畑にバイオマス発電所を建設します。

発電所では輸入木質チップに加えて、国内の木質チップを混合し、燃料として発電する予定で、発電規模は7.5万kWを想定しています。

こちらの発電所は、2023年8月に運転を開始する予定です。

>関係者には必読の本、『木質バイオマスエネルギー発電』をAmazonで見る

さいごに

関西電力の発電所に加えて、大阪ガスの発電所が新設されることで、姫路市は関西地域の電気供給において、重要な拠点になってきます。

今回の新設によって、関連企業からの仕事が増えたり、雇用の拡大があるなど、地域の経済に良い影響があるといいですね。

また、経済活動だけではなく、企業からの教育、スポーツ、文化行事などへの協賛を通じて、地域が元気になるといいですね。

姫路天然ガス発電株式会社 公式HP

>『図解 よくわかる 発電・送電の基本と仕組み』をAmazonで見る

関連記事:都市計画の関連記事まとめ 姫路の変化を追いかけてみた 【随時追加】

※ 本記事は、姫路天然ガス発電株式会社の公開資料「(仮称)姫路天然ガス発電所新設計画 環境影響評価準備書のあらまし」を参照して作成しました。

追記

事業計画に大幅な変更がありましたので追記します。

◆兵庫県姫路市における発電事業に関する投資意思決定について(大阪ガスIRニュース)2019年9月26日

http://bit.ly/2n6Bhza

今回投資意思決定した事業計画概要(IRより)

【主な変更点】

姫路天然ガス発電株式会社への出資比率
大阪ガス66.66%、出光興産33.34% → 大阪ガス100%

発電事業計画
約180万kW(3機)→ 約120万kW(2機)

要するに、出光興産が撤退したことにより、単独出資に切り替え、事業計画を縮小したということになります。

運転開始時期については概ね予定どおりになっています。




関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます