姫路市が南部の学校給食センターを建設!いつから稼働開始?場所はどこ?

給食センターで働く人

スポンサーリンク

兵庫県姫路市では、市の南部エリアを担当する、学校給食センターの整備計画が進んでいます。

姫路市が計画する学校給食センターは、いつから稼働開始なのか、場所は南部エリアのどこになるのか、南部エリア学校給食センター(仮称)について、調べてみました。

南部 学校給食センターの建設計画

姫路市では、南部エリアの12中学校について、学校給食センターの整備を進めています。

(姫路市では)これまでに全35中学校のうち23校で共同調理場方式もしくは親子方式により全員給食を実施している。

本事業は、残る12校について、運用方針に掲げる事項を基本的な条件とし「(仮称)南部エリア学校給食センター」の整備を行い、基本方針に示した安全安心で魅力ある中学校給食を実現することを目的とするものである。

南部エリア学校給食センター(仮称) 事業方針(PDF)より

建設予定の学校給食センターでは、8,000食/日の調理能力数を想定しています。

学校給食センターの設計・施工・維持管理などは、民間のノウハウを活用した、DBO方式が採用されています。

南部 学校給食センターの場所と住所

住所:姫路市大津区勘兵衛町二丁目261番地1

南部エリア学校給食センター(仮称)の場所は、姫路市大津区に予定しています。

大通りから入ったところで、少しわかりにくいですが、国道250号線の「大津真砂町」交差点を、南に行ったあたりです。

建設予定地は、勘兵衛公園の近く、虹技㈱本社の北側あたりになります。

南部 学校給食センターの工事の様子

建設予定地の工事現場は、白いパネルで囲ってあり、現在、土壌汚染対策工事が実施されています。

>姫路市 土壌汚染対策に関する現地見学会の開催について

南部 学校給食センターはいつから稼働開始?

工事現場の案内板によると、建設工事の期間は令和3(2021)年10月29日までとなっています。

事業方針(PDF)のスケジュールでは、建設工事のあと、概ね2か月間が開業準備となっていますので、事業方針どおりに進めば、2022年1月頃から徐々に稼働を開始する予定になりそうです。

南部 学校給食センターまとめ

南部エリア学校給食センター(仮称)の完成が楽しみですね。新しい学校給食センターで、安全安心の給食が始まります。

最近では、ご当地給食が話題になることがあり、赤穂市では食品メーカーが、味を再現した商品を発売しています。

姫路市でも何か、給食レシピで話題になるようなことがあると、おもしろいなと思います。

姫路市 (仮称)南部エリア学校給食センター整備および運営事業について

>『おうちで食べたい給食ごはん』を見てみる

関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます