明るい姫路研究所は「ひめじラボ」にリニューアルしました

播磨自動車道の延伸 いつ開通予定?中国道との接続部が「宍粟JCT」に決定

スポンサーリンク

播磨自動車道の延伸工事がすすむなかで、中国自動車道との接続部について、名称が「宍粟(しそう)ジャンクション」に決まりました。

播磨自動車道の開通予定はいつなのか、鳥取まで高速道路でつながる、姫路鳥取線の「宍粟JCT」について、まとめてみました。

播磨自動車道のルート

姫路市資料(PDF)より

播磨自動車道とは、兵庫県たつの市から宍粟市を通り、山陽自動車道と中国自動車道をつなぐ高速道路です。

現在は、山陽自動車道の播磨JCTから、播磨新宮ICまでが開通しています。

沿線には、大型放射光施設「スプリング8」が設置されている、播磨科学公園都市があります。

スポンサーリンク

宍粟ジャンクションに名称決定


播磨自動車道と中国自動車道の接続部にあたる、新しいジャンクションの名称が「宍粟ジャンクション」に決定しました。

◆E29中国横断自動車道姫路鳥取線 ジャンクション名称が「宍粟ジャンクション」に決定しました(NEXCO西日本ニュースリリース)2020年11月27日
https://bit.ly/39RqMGs

現在、播磨自動車道は、播磨新宮ICから中国自動車道までの、延伸工事が進んでいます。

これまでは「山崎ジャンクション」と仮称されていた、中国自動車道との接続部について、正式名称が「宍粟ジャンクション」に決まりました。

宍粟ジャンクションは、中国自動車道の山崎ICから西へ、3.8㎞ほどの場所に建設中です。

開通予定はいつ?

姫路市が発表した添付資料(PDF)によると、播磨新宮ICから宍粟JCTまでの、11.4㎞の区間については、令和3年度開通予定となっています。

播磨自動車道が全線開通すると、山陽自動車道と中国自動車道が、全線2車線の高速道路でつながります。

姫路鳥取線の開通で便利に

播磨自動車道の全線開通で、中国自動車道を経由して鳥取までつながる、姫路鳥取線がよりスムーズになります。

全線開通が、沿線地域の活性化につながれば、いいなと思います。

NEXCO西日本 公式サイト

>『よくわかる最新都市計画の基本と仕組み』を見てみる

関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます