山陽電車飾磨駅が北口の改札で便利に!新しい駐輪場・エレベーターでリニューアル

スポンサーリンク

姫路市と山陽電気鉄道が共同で、山陽飾磨駅に北口の改札を新設する、事業計画を進めています。

既存の連絡通路を改修・延伸して、タクシー乗り場やロータリーがある、北側の駐車場に、北口の改札を設置する計画です。

読者からの問い合わせがありましたので、駅構内へのアクセスが向上する、山陽飾磨駅の再開発について、調べてまとめてみました。

※北口のリニューアル工事完了にともない内容を更新 (2022年6月)

>姫路で使えるタクシー配車アプリはこちら

山陽電車の飾磨駅と構内図


山陽飾磨駅(しかまえき)は、兵庫県姫路市を通る私鉄、山陽電気鉄道の駅です。

山陽姫路駅からは、手柄駅、亀山駅に次ぐ3番目の駅となり、特急を含めて、全ての列車が停車します。

飾磨駅の構内図
北口新設後の案内板

山陽飾磨駅は、東西のホームを持つ地上の駅で、ホームの両端に踏切が設置されています。

飾磨駅のホームと連絡通路
ホーム東の踏切

駅舎(改札口)は線路の南側にあり、改札から各ホームへは、連絡通路を渡って移動するようになっています。

スポンサーリンク

飾磨駅に北口の改札ができる

飾磨駅南口の駅ビル
ホーム西の踏切

山陽飾磨駅は、南側にしか改札がありません。北側から利用するには、踏切を渡って、南側の改札口へ移動する必要があります。

全ての列車が停車する、利用者の多いターミナル駅なので、踏切を横断する歩行者の多さが、課題となっていました。

北口の計画地図
姫路市HPより

姫路市は、山陽電気鉄道と共同で、山陽飾磨駅に「北改札口」を新設し、線路の北側からのアクセスを改善する事業計画を進めています。

計画では、現在ある連絡通路を伸ばし、北側にある駐車場に、改札口とエレベーターができるようになっています。

ロータリー側の駐車場に出入口

北改札口ができる駐車場
北改札口ができる駐車場

北改札口を設置することにより、バス・タクシーのロータリーがある、駅北側からの利便性が向上します。

駅北側からのアクセス向上で、踏切を渡らずに済むので、線路を横断する歩行者の減少が見込まれています。

事業期間

令和元年(2019年)度から令和4年(2022年)度まで

姫路市HPより

北口の工事完了でリニューアル

【追記22’6/22】以下、工事が完了していたので更新しました。

飾磨駅の北口

こちらが、北口新設の工事が完了した、飾磨駅の北側です。

以前にあった駐車場の一部に、北側の出入口と駐輪場ができています。

南側にある既存の連絡通路を、北側に延長するかたちで、北口が新設されています。

エレベーターでバリアフリー化

エレベーター

こちらが、北口の階段です。エレベーター(写真右)が設置されており、バリアフリーになっています。

北口から入って、階段を上がったところです。

北口改札

階段を上がったところが、切符売場と改札になっています。

新しい北口の駐輪場と料金

飾磨駅北口の駐輪場

北口の入口付近には、新しい駐輪場が設置されていました。

こちらの駐輪場では、自転車と原付(50cc以下)が、定期もしくは、一時利用できるようになっています。

駐輪場の料金

駐輪場の料金は、駐輪後24時間 150円、以降24時間毎/+150円です。24時間利用できます。

駐車場(コインパーキング)もある

飾磨駅北口のコインパーキング

駐輪場の隣には、駐車場があります。24時間利用できるコインパーキングです。

駐車場の料金

駐車場の料金は、60分/200円24時間最大500円となっています。

南側の駅ビル解体で再開発

ビル解体の案内

南側にある飾磨駅の駅ビルは、解体にともなう通路閉鎖で、迂回路を利用するようになっていました。

通路閉鎖
2022年4月18日~2023年2月28日

山陽電車

山陽飾磨駅が、北改札口の新設で、便利に利用できるようになりました。

アクセスが良くなり、利便性が向上するのに合わせて、駅周辺が活性化するといいなと思います。

姫路市 山陽電鉄飾磨駅周辺整備事業

姫路のJR新駅計画
航空機
下のボタンでシェアできます